選べるタイプ

部屋

通常の給湯器とは違い、パナソニックなどが販売しているエコキュートはお湯を溜めるユニットと、お湯を温めるユニットに分割されているため、スペースの確保が重要となります。ガスでお湯をわかす給湯器であれば、給湯器を一台置くスペースがあれば設置が可能となりますが、エコキュートはヒートポンプユニットと呼ばれる、エアコンの室外機のようなユニットも設置しなければならないため、スペースの確保が難しいのです。土地の面積や家の構造によって、こうしたスペースを確保できない家も多くあるため、エコキュートは利用がしづらいのでは、と多くの人は考えがちですが、最近ではコンパクトサイズのエコキュートも販売されているため、少ないスペースでも利用することができます。集合住宅用のエコキュートもあるため、マンションを経営する大家さんであれば、給湯器の買い換えを行なう際にこうしたエコキュートに替えることで、光熱費の安い魅力的な部屋としてアピールすることができるでしょう。

省スペースタイプのエコキュートの他に、パナソニックでは大型のエコキュートも販売しています。エコキュートの問題点として、タンクに溜めた分でしか利用する事ができないといったところがあります。貯水量を超えると湯切れを起こしてしまうので、新たにお湯を使うまで長い時間待たされてしまいます。お風呂などに入っている場合、こうした湯切れが発生してしまうと、途中でお湯が冷たい水に変わってしまうなどの問題が現れるため、利用出来る量を問題視して購入を控えていた人も多くいることでしょう。こうした問題を解消するため、パナソニックでは大量の水を溜められる大型のエコキュートを販売しています。一世帯の家族でも余裕をもって利用できるため、大型のエコキュートであれば貯水量を気にせず快適に使えるでしょう。